野中山 全興寺

野中山と号す。本尊は薬師如来で、聖徳太子の作と伝えられている。
平野がまだ広茫たる野であったころ、ここに薬師堂が建てられ、ここから人が住みはじめ平野の町が次第に広がっていったといわれ旧町名の平野野堂町の起源となっている。
やがて坂上家の尊信するところとなり、現在の本堂も天正四年(1576年)坂上利治によって再建されたもので、府下木造建築の中でも古いものである。
当寺には、真田幸村が樋之尻口の地蔵堂に仕掛けた地雷によって飛来したという伝説をもつ「首の地蔵尊」や、湛慶作と伝えられる「太子像」がある。
また境内には、万治三年(1660年)奥野家が寄進した石灯籠や井戸形の水盤がある。
別に当時は、杭全神社の奥の院と仰がれ、今なお毎年七月十四日には「みこし」渡御があり、神事が行われている。

平野区役所

全興寺 案内板より転載

参考年表

天正三年(1575) 長篠の戦
寛文元年(1661) 徳川光圀、水戸藩二代藩主となる
(万治四年)

  • M 高野山真言宗 全興寺
  • 大阪市平野区平野本町4-12-21
  • TEL06-6791-2680

本堂

  一願不動尊

   
大阪市規格葬儀取扱指定店・経済産業大臣認可 全葬連加盟 有限会社 湯谷葬祭
547-0044 大阪市平野区平野本町4-11-17 TEL06-6793-3221
瓜破斎場での直葬(火葬のみ):平野区|東住吉区|住吉区|住之江区|生野区|阿倍野区|天王寺区|                          西成区|浪速区|松原市|羽曳野市|藤井寺市|八尾市