王舎山 長生院 長宝寺

お寺の由来

 

本尊 十一面観世音菩薩

開山 桓武天皇妃 坂上春子姫(慈心大姉)

創建 大同年中(806)

ご詠歌 かりのよは さもあればあれ ゆくすゑの  ながきたからのてらにもうでん

 

春日作の十一面観音像

 

当時開基の慈心大姉は、坂上田村麻呂の娘で俗名を春子といい、もと桓武天皇の妃であった。延暦二十五年(806)桓武天皇の崩御によって、春子は公房大使に帰依して剃髪し、父坂上田村麻呂が大同年中(806~810)に創建した長宝寺の開基となったのである。縁起によると、当寺の本尊・十一面観音像は田村麻呂の守護仏で春日作と伝わる。
のちに後醍醐天皇が、吉野に皇居を移されるとき、当寺を仮の皇居とされ、「王舎山」の山号を賜わった。また、元亨年中(1321~24)、笠置城落城のとき六十一人が討死し、その妻女たちが当寺にて出家したという。
のちに広い堂宇も、元弘の乱、建武元和の乱の兵火にあい、ことごとく焼失した。「平野郷町誌」によると、現在の本堂と庫裡は、天保年間(1830~44)第三十三代慈源大姉の代の再建という。大師堂はもとは田村堂であった。明治維新の廃仏毀釈のさい、杭全神社内の大師堂の弘法大師像と、田村堂の坂上広野麻呂作という田村麻呂像を入れ替えたのである。

 

閻魔大王の奇瑞

 

「よみがえりの草紙」によると、永享十一年(1439)六月六日、慶心房尼が頓死した。これは、閻魔大王が慶心房尼に在世のとき修行を怠ると陥る地獄の恐ろしさを見せ、逆修をすすめさせるためで、閻魔大王は「大王の証判を持つ者は地獄におちない」といわれ、大王の証判を持つ慶心は、三日後に蘇った。
その後嘉吉元年(1441)十月十五日、読経中の慶心が青蜘蛛をつかんだところ、舎利と化した。また翌二年、慶心が逆修の供養を営んださい、客僧が来て閻魔大王の木像を刻んで姿を消した。この客僧は実は閻魔大王ご自身であったという。この青蜘蛛の舎利と閻魔大王の木像、閻魔大王実判は今も当寺に伝わり、毎年五月十八日に授与する閻魔大王実判とともにこの慶心の話に色をそえている。
慶心がこの奇瑞を書いたものが「よみがえりの草紙」で、逆修をすすめるためにかいたものが「逆修講縁起」で、ともに寺宝となっている。「仏涅槃図」「銅鐘」(ともに重文)や、弘法大師自筆の開基慈心大姉の霊牌などの寺宝もある。

 

行 事

 

五月十八日 本尊十一面観音・閻魔大王の御開扉。閻魔大王の宝印授与
毎月二十一日 お大師まいり
七月十四日 「みこし渡御」
七月十八日 大般若経法要

長宝寺パンフレット(お寺の由来」より転載

参考年表


涎暦七年(788)
涎暦十三年(794)
涎暦十六年(797)

大同年間(806~809)
元亨元年(1321)

元弘元年(1331)

建武三年(1336)


永享年間
(1429~1440)

嘉吉元年(1441)

元和元年(1615)
天保年間
(1830~1843)



最澄が比叡山に延暦寺を創建
平安京に遷都
征夷大将軍・坂上田村麻呂が東北地方の蝦夷を鎮圧
平城天皇・嵯峨天皇の時代
後醍醐天皇が親政を開始する

後醍醐天皇が京都を脱出し、三種の神器を持って笠置山に入る(元弘の乱)
後醍醐天皇が京都を脱出し、吉野で南朝を開いて南北朝時代が始まる
室町幕府六代将軍・足利義教の時代


播磨守護・赤松満祐が足利義教を殺害する(嘉吉の乱)
大坂夏の陣
大塩平八郎の乱・天保の大飢饉
伊勢おかげ参り流行
  • G 高野山真言宗 長宝寺
  • 大阪市平野区平野本町3-4-23
  • TEL06-6791-4416
   
大阪市規格葬儀取扱指定店・経済産業大臣認可 全葬連加盟 有限会社 湯谷葬祭
547-0044 大阪市平野区平野本町4-11-17 TEL06-6793-3221
瓜破斎場での直葬(火葬のみ):平野区|東住吉区|住吉区|住之江区|生野区|阿倍野区|天王寺区|                          西成区|浪速区|松原市|羽曳野市|藤井寺市|八尾市